タクドラtakuoの雑念 はてブロ

都内でタクシードライバーをやっているもてらじ村民のtakuoのブログです。食べ物、ポッドキャストの感想、つらつらと考えてることなどを書いていきます。Bloggerからお引越し

広告

9月16日で閉店になるチェーン店『まん天丼』で天丼を食べてきたけどおもてたのと違った件。の巻。

9月16日で閉店になるチェーン店『まん天丼』で天丼を食べてきたおもてたのと違った件。の巻。

 

こんにちは、takuoです。

 

みなさんは『まん天丼』というお店を御存知ですか?takuoは知らなかったんですが、セブンアイホールディングス系列のチェーン店です。その『まん天丼』が現在次々となくなり、最後の1店舗が9月16日で閉店、消滅してしまうようなのです。そんな情報をネットで知って訪れたことがなかったので、行ってみました。

 

見たニュースはこちら。

news.nifty.com

関西人のtakuoは『ファミール』も『芝のラーメン屋さん』も『まん天丼』もまったく馴染みが無い。ホントは歴史のある『ファミール』へ訪問してみたかったのですが、いかんせん残ってる店舗が青森県とか…… で、調べてみると『まん天丼』の残っている最後の店舗がアリオ西新井店に入ってるとのことで近所なので買い物がてら食べてきました。

 

お店訪問。

アリオ西新井。

フードコートの一角にありました。

カウンターに閉店のお知らせが貼ってあります。

メニューはこちら。

メニュー | まん天丼 -ボリューム満点、味も満天、自慢の天丼をお届けします

通常『てんや』で天丼を頼むときは野菜天丼か限定メニューを頼むのですが、最初で最後の訪問なので、ほぼ全部の味が楽しめるようにお店の名前を冠した『くぐらせ天丼・満天(税込790円)(穴子・海老・いか・かぼちゃ・なす・れんこん・いんげん)』に半熟たまご天(税込100円)とまいたけ天(税込150円)を追加でご飯を大盛り(+100円)にしました。

 

こちらが商品。柴漬けは取り放題。

アップでぽん!

くぐらせ天丼と名乗ってるだけあり、タレにくぐらせてあり、てんやではついつい天丼のタレを多めにかけたい派のtakuoにとってはいい感じの天丼でした。

 

実食。

海老が思ったよりしっかりした海老でプリプリ。

 

以上!

 

まあフードコート系の天丼ですし……

 

具体的に言うなら、くぐらせたタレの味が濃いすぎて、素材の味がほとんどしない……海老は太めだったので海老の味が感じられたけれど、淡白な味の穴子は死んでるし、その他も野菜の味よりタレの味が強すぎる…… 

 

そしてもたれた……_| ̄|○

 

どういうことなの……

 

まん天丼のこだわりの空回り感……

サイトのこだわりを引用してみる……

まん天丼のこだわり | まん天丼 -ボリューム満点、味も満天、自慢の天丼をお届けします

くぐらせ天丼
こだわりの素材をカラッと揚げて、
さっとタレにくぐらせた、
自慢の天丼。

カラッと揚げてるのにタレにくぐらせてるからまあカラッとしてないよね。 

 

丼は米
丼に適した大粒米、
栃木県産の「ゆうだい21」を
ふっくらと炊き上げました。

 

「ゆうだい21」とは

ゆうだい21は、宇都宮大学が育成した品種です。コシヒカリより甘味や粘りが強く、良食味です。一部コンビニのお弁当などに使われるなど、冷めてもおいしいお米です。

ゆうだい21|宇都宮市公式Webサイト

美味しいお米らしい。でも、タレが多めの天丼にしては、べしゃ飯まではいかないけど水分多めで炊いてあって、あまり良さがでてない感……  あと、100円増しで大盛り取る割には盛りが少ない……

 

こだわりの衣
天ぷら粉には、ごま油を加えました。
ひと口かむごとに、衣から
ほんのりと上品なごま油の香りが
口の中に広がります。

もたれた原因コレだわ…… 一口目はいいけど、天丼の量だとツライぃ…… 

 

揚げ油の秘密はキャノーラ油
まん天丼では、コレステロールゼロ※の
キャノーラ油を使用しています。
熟成した品質の良い「菜種」を用い、
独自の製法により開発されたキャノーラ油を
使用することで、カラッとサクッと
「油っこくない」天ぷらをご提供します。

 お、おぅ……せっかく油っこくない油で揚げて天ぷらにしたのに天ぷら粉に加えたごま油でコッテリですわ……

 

 

 

調べてみると『まん天丼』に歴史はなかった。

なんでこのレベルなんやとこのエントリを書くのにぐぐってみたら、とある記事がひっかかった。

関西を中心に展開する「さん天」とセブン&アイ・フードシステムズが運営する「満天丼」(「まん天丼」表記の店も)。1号店のオープンはそれぞれ2012年と14年という新興勢力の登場である。

「てんや」1強の天丼チェーン業界に“ふたつの新興勢力”が参入したワケ (2017年5月6日) - エキサイトニュース

 2014年に1号店オープンだった。

 

5年前かよっ!

 

天丼業界1強の『てんや』を倒そうと勇んでやってきた新興勢力だった。『ファミール』の記事が歴史の話をしていたからてっきり『まん天丼』もそうだと勝手に思い込んでいたようだった。

 

この記事にある「さん天」は帰阪したときに実家の近所にできたので天丼が食べたくなったら行ってる。「さん天」は美味い。

 

となると『まん天丼』は滅ぶべくして滅ぶお店だったのか……

 

まとめ。

そんなわけで、『まん天丼』は今どき流行らない関東風のコッテリした天丼で勝負したためにシェアを奪えなくて負けただけだった。関東風のコッテリ天丼が許されるのは浅草の老舗だけだから。アレは観光客向けで常食は無理。

 

まあ『いろいろ待ったなし』はもてらじ村民のキーワードでもあるので、勘違いして食べに行ったけどよかった。

 

何でも食べてみなわからんよってに。

 

そんな感じ。

 

それじゃ~ノシ

「天丼てんや」天丼のたれ(200ml×6本)

「天丼てんや」天丼のたれ(200ml×6本)

 

 

広告