タクドラtakuoの雑念 はてブロ

都内でタクシードライバーをやっているもてらじ村民のtakuoのブログです。食べ物、ポッドキャストの感想、つらつらと考えてることなどを書いていきます。Bloggerからお引越し

広告

羽田空港までバイクで行く。2019-2020年末年始録その1。

羽田空港までバイクで行く。2019-2020年末年始録その1。

 

こんにちは、takuoです。

 

年明け、身内からインフルエンザをもらいくたばっていました。ようやく回復したのでブログも開始。まずは年末年始の話など。

 

始発の飛行機に乗るために。 

今回の帰阪は、夏のバイクと違って飛行機でした。予約をとったタイミングで一番安い便にしたので、6時21分発というスケジュール。

 

takuoの住む足立区からでは始発に乗ったとて間に合いません。なので、バイクで羽田空港まで行くというプラン。

 

羽田空港のバイク駐輪場には1日500円で停められます。通常なら安いんですが、今回の帰省は9日間。なので、4,500円かかりました。

 

足立区から羽田空港までの高速バスは片道約1,000円。往復2,000円なので、2,500円余分にかかります。一方で時間に縛られることがなく、バスの混雑とも無縁です。この辺りどちらが良いかは悩ましいところです。

 

夜が明ける前、人気のない羽田空港東京オリンピックに向け?改装中。 

羽田空港バイク用駐車場の入口がある場所。ANA側だとP4駐車場になります。

takuoの画像だとわかりにくいのでグーグルストリートビューも貼っておきます。

正面に見える建物ではなくUターンする感じで入ります。 

 

 

 人気の少ない搭乗ロビー。

 

オリンピックに向け保安検査が強化されてました。

今回は2019年9月から強化された保安検査を受けることとなりました。

nettv.gov-online.go.jp

強化されたポイント。

  • ジャケットやコートは脱いで機械を通す。
  • タブレットやPCはかばんから出して機械を通す。
  • くるぶし以上のハイカットタイプの靴やブーツは脱いで機械を通す。

 

ということで、保安検査場の通過に今までより時間がかかるようになってました。特にこの時期女性がブーツを脱ぐのに手間取って、早朝の人数が少ない保安検査でも時間がかかってました。この辺り、最混雑時にはエライことになってたんじゃないでしょうか。

今までのtakuoの保安検査場を素早く通過するためのコツは

 

身体には何もつけない。あらゆるモノをかばんにブチ込んでおく。

 

だったのですが、

 

身体には何もつけない。あらゆるモノをかばんにブチ込んでおく。

イカットタイプの靴は履かない。

 

となりました。

 

さらに通過して得られた知見として、

 

タブレットはかばんから出さねばならないがスマホは出さなくて良い。

 

ということ。takuoはポッドキャスト用にiPhoneもかばんに入ってるのでそれも取り出すと保安員の人にスマホは出さなくていいです。と言われました。

 

えー。タブレットスマホも同じなのにね。ファブレットはどうすんの?この辺りガバガバな気はしました。日本人のやった気になる癖イクナイ。

 

あと、takuoはコレを甥っ子のお土産にかばんに入れていたのですが

X線検査だとコレがゴルフ練習器具と同じに映るらしくかばんを開けて確認させられましたw コレも知見ですね。

 

そんな感じで7時過ぎには伊丹空港に到着。

 

伊丹空港に到着してからカードラウンジを使う。

通常のtakuoの空港使用パターンなら飛行機に乗る前にカードラウンジでくつろぐというパターンですが、始発に乗ったためにそれができませんでした。

 

しかし、カードラウンジは実は到着空港でも使えるんです。

www.osaka-airport.co.jp

 

なので、ココでのんびり無料ドリンクと無料Wi-Fiで漫画を読みながら

無料のクロワッサンなどを食べたりしてしばしマターリ。

 

それだけでは足りないのでLAWSONで買った

謎の大阪味おにぎり(ソース味のおにぎりやった)とか

餃子おにぎりとか

でか焼き鳥ササミシイタケ

 

なんかを画像に撮った。カードラウンジでは持ち込み飲食は禁止だったのでバスに乗る前にLAWSON横のスペースに戻って食した。LAWSONが管理してるスペースじゃないのでイートイン脱税ではないと思うんやけどw

そしたらスズメが寄ってきた。残念ながらパンくずが出る食い物ではないんだよ。すまんの。

 

伊丹空港で2時間ほどのんびり過ごしたあと、高速バスに乗って梅田に出ました。休みのときは時間気にしなくていいので好き。

 

続く。 

 

広告